ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年4月1日 / ページ番号:C035472

日常生活用具の給付・貸与について

このページを印刷する

 在宅の重度障害児者及び難病患者等の日常生活の便宜を図るため、日常生活用具の給付・貸与を行っています。
 

申請時に必要なもの

手帳、見積書、印鑑、個人番号が分かるもの[マイナンバーカード、通知カード等] 

※本人が18歳未満の方は保護者及び保護者の方と同一世帯の方の氏名、続柄、個人番号を申請書に記入してください。

※本人が18歳以上の方は、配偶者の氏名、続柄、個人番号を申請書に記入してください。

身元が確認できるもの※1.または2.のどちらかで確認

1.顔写真付の書類(いずれか1つ)

例:個人番号カード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など

2.顔写真なしの書類(2つ以上)

例:被保険者証、年金手帳、児童扶養手当証書など

※代理人による手続きの場合は、代理権の確認書類(委任状又は申請者の方の健康保険証等)が必要です。

詳細は下記の関連リンク「平成28年1月からの個人番号利用開始に伴い、窓口で本人確認が必要になります。 」をご覧ください。

給付品目

詳細は下記の関連リンク「重度障害児者日常生活用具一覧」をご覧ください。

※平成31年4月から新たに視覚障害者用血圧計(音声式)を追加します。

品目 対象 基準額
視覚障害者用血圧計(音声式)

視覚障害2級以上の障害者。

(当該世帯が、視覚障害者のみの世帯又はこれに準ずる世帯に限る。)

15,000円

 ※平成31年4月から点字ディスプレイ及び情報・通信支援用具の対象者を変更します。

品目 対象 基準額
点字ディプレイ 視覚障害2級以上の障害児者で原則として学齢児以上の者。 383,500円
情報・通信支援用具

次の要件のいずれにも該当する障害児者で原則として学齢児以上の者。

(1) 視覚又は上肢機能障害が2級以上である者。

(2) パソコンの使用により社会参加がみこまれること。

100,000円

費用

費用の1割を原則として、世帯の住民税等に応じた自己負担があります。

給付品目及び対象者は下記ファイルのとおりとなります。
給付対象者の確認をしますので、購入される前に各区役所支援課にお問い合わせください。

お問合せ一覧

各区役所 電話番号 FAX
西区 支援課 048-620-2662 048-620-2766
北区 支援課 048-669-6062 048-669-6166
大宮区 支援課 048-646-3062 048-646-3166
見沼区 支援課 048-681-6062 048-681-6166
中央区 支援課 048-840-6062 048-840-6166
桜区 支援課 048-856-6172 048-856-6276
浦和区 支援課 048-829-6143 048-829-6239
南区 支援課 048-844-7172 048-844-7276
緑区 支援課 048-712-1172 048-712-1276
岩槻区 支援課 048-790-0163 048-790-0266

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害支援課 地域生活支援係
電話番号:048-829-1308 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る