ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月27日 / ページ番号:C000505

文化財紹介 白鍬塚山古墳

このページを印刷する

白鍬塚山古墳の写真
白鍬塚山古墳
指定の区分 市指定 史跡
指定名称 しらくわつかやまこふん
白鍬塚山古墳
員数 1基
指定年月日 昭和46年2月12日
所在地 桜区大字白鍬
所有者 個人
概要 市内西部、鴨川流域に位置する「大久保古墳群」のひとつです。現存する部分の直径は18メートル、高さ3メートルの円墳ですが、過去の調査から直径30メートルに及ぶと推定されています。太刀の断片が出土したことが知られていましたが、周溝の発掘調査の結果、朝顔形埴輪、円筒埴輪、人物埴輪片が出土し、5世紀後半に造られた古墳であることがわかりました。市内で確認されている古墳の中では、最も古いものです。
関連図書 『文化財の調査』第11集(浦和市教育委員会、1965年発行)
『浦和の文化財』(浦和市教育委員会、1986年発行)

見学の際には、マナーを守り、文化財の所有者や管理者、近所の方、他の見学者の迷惑とならないようにお願いします。
なお、敷地内への立ち入りはご遠慮ください。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/生涯学習部/文化財保護課 
電話番号:048-829-1723 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る