ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年3月25日 / ページ番号:C086861

(R4.4月~)「さいたま市週休2日試行工事《土木工事》」について

このページを印刷する

 建設業における週休2日の確保は、将来に渡る社会資本の安定的な整備・維持管理を支える担い手の確保の観点からも重要な取組みです。
 そのため、本市の発注工事においては、将来的な週休2日制の定着を目指し、平成29年度より試行工事をスタートしたところです。
 令和4年度は、新たに発注者指定型を追加し、原則全ての土木工事において、試行してまいります。

1 試行の概要

(1)対象となる工事
 原則として全ての土木工事を対象とし、公告時に明示します。告示文書には、発注者指定型及び受注者希望型の別が記載されます。
 なお、現場着手日から現場完了日までが1週間未満の工事や、単価請負契約工事等の緊急対応が求められる工事等は適用除外となる場合があります。

(2)休日の形態
 ≪発注者指定型≫ 発注者指定型の休日形態は、4週8休相当のみです。

休日形態

定義

1

4週8休相当

現場閉所率が28.5%(8日/28日)以上

 ≪受注者希望型≫ 契約後、現場着手までに受注者が休日形態を選択します。

休日形態

定義

1

4週8休相当

現場閉所率が28.5%(8日/28日)以上

2

4週7休相当

現場閉所率が25.0%(7日/28日)以上28.5%未満

3

4週6休相当

現場閉所率が21.4%(6日/28日)以上25.0%未満

4

未指定

休日形態の指定は行わない

(3)週休2日試行工事におけるインセンティブ
 発注者指定型及び受注者希望型の別に関わらず、対象期間において4週8休以上を確保できた場合は、工事成績評定において加点を行います。
 また、発注者指定型については当初の設計金額において既に経費が補正されています。一方、受注者希望型については、達成率に応じ現場完了後に経費が補正されます。

2 その他

・施工にあたっては、「さいたま市週休2日試行工事」に係る要領及び特記仕様書に定める書類を提出していただきます。
・週休2日の定着に向けた課題や改善点を把握するため、工事完了後に可能な限りアンケートを提出していただきます。
  
※その他、詳細については、下のダウンロードファイルを御参照ください。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

建設局/技術管理課 技術管理係
電話番号:048-829-1515 ファックス:048-829-1988

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る