ページの先頭です。 メインメニューへ移動 サブメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年2月18日 / ページ番号:C079421

市長の部屋 さいたま市長 清水 勇人 絆をつなぐ

“絆”学校訪問(平成24年9月24日 与野東中学校)

このページを印刷する

合唱練習

 今回の“絆”をつなぐ学校訪問は、中央区の与野東中学校です。
 市長は学校に到着すると、野球部の朝練習を視察しました。新人戦が近いこともあり、部員たちは声を掛け合いながら、熱のこもった練習をしていました。教室では、3年生の合唱練習を視察しました。合唱コンクールが近いことから、3年生の全クラスが自主的に朝練習を行っており、市長は「頑張ってね。」と声をかけていました。
 校門では、 PTAの方々や生徒会の生徒と一緒に、朝のあいさつ運動を行いました。与野東中では、毎朝、PTAの方や生徒会等の生徒が出て、あいさつ運動を行っています。登校してくる生徒たち一人ひとりに、市長は「おはようございます。」と声をかけていました。

 校長室では、校長から学校概要の説明を受けました。平成24年が65周年記念の年に当たることや、部活動が盛んでほとんどの生徒が部活動に参加していること、校内にジャズバンド(吹奏楽部)があり年間20公演ほど行っていることなどを聞き、市長は「中学校でジャズバンドは珍しいですね。」と話していました。
 その後、市長は、体育館で行われた朝会に出席しました。講話の中で市長は「与野東中はたいへんあいさつができている学校ですね。『成功の秘訣は成功するまでやることだ』という言葉がありますが、失敗や挫折があったとしても、それを将来の成功のための糧として、夢に向かって力強く進んでください。」と語りかけ、生徒会長へ“絆”色紙を手渡しました。

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育総務課 
電話番号:048-829-1623 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る