ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年6月13日 / ページ番号:C088715

多様な大都市制度実現プロジェクト(令和2年~令和3年)

このページを印刷する

多様な大都市制度実現プロジェクトについて

多様な大都市制度実現プロジェクトは、多様な大都市制度を早期に実現するため、特別自治市制度の立法化に向けた素案を策定し、国・政党に提言することを目的に令和2年11月16日に設置されました。
多様な大都市制度実現プロジェクトの設置について

多様な大都市制度実現プロジェクト最終報告


多様な大都市制度実現プロジェクトでは、5回の会議を経て、令和3年11月10日に最終報告を取りまとめ、同日、指定都市市長会議臨時会議にて報告を行いました。
これまで会議の経過
多様な大都市制度実現プロジェクト最終報告書(文章版)
「多様な大都市制度実現プロジェクト」最終報告
「多様な大都市制度実現プロジェクト」最終報告(別冊資料)
令和3年11月16日には久元 喜造 神戸市長(多様な大都市制度実現プロジェクト担当市長)が、田畑 裕明 総務副大臣に対して、「多様な大都市制度の早期実現を求める指定都市市長会提言」を行いました。
提言の様子

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/都市経営戦略部 分権・広域行政担当
電話番号:048-829-1064 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る