ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年5月12日 / ページ番号:C075722

マイナンバーカードが健康保険証として利用できます(本格運用は令和3年10月頃を予定)

このページを印刷する

厚生労働省からの連絡により、本格的な健康保険証利用は「令和3年10月頃」となりました。
プレ運用期間中においても顔認証付きカードリーダーが設置されている医療機関・薬局では、マイナンバーカードを被保険者証として利用することができます。(設置されていない医療機関等では、引き続き保険証が必要です。)

ただし、プレ運用期間中では、稼働準備が整った医療機関・薬局において、本格運用前のテストという位置づけで、患者の方にもご協力をいただきながら、データの正確性やシステムの安定性、窓口業務の事務処理状況を確認しております。当該医療機関等を受診する際には、必ず健康保険証も持参してください

マイナンバーカードを保険証として利用するためには、事前に登録が必要です。登録の申込は、パソコン(ICカードリーダーが必要)やスマートフォン(マイナンバー読取対応機種)等を利用して外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。マイナポータル(外部サイト)で行います。

よくある質問

Q1 マイナンバーカードを保険証として利用登録をすると、従来の保険証は使えなくなりますか。
A1 従来の保険証も引き続きご利用いただけます。また、更新時期になりましたらこれまでと同様に新しい保険証を送ります。

Q2 マイナンバーカードを保険証として登録するのに、パソコンやスマートフォンを持っていない場合はどこでできますか。
Q2 セブン銀行ATM(外部サイト)や各区役所に設置されているマイナポータル端末からも登録できます。
また、顔認証付きカードリーダーが設置されている医療機関・薬局でも初回登録ができますが、医療機関等での待ち時間の発生を防ぐためにも事前登録をお願いします。

Q3 すべての医療機関などでマイナンバーカードで受診できますか。
A3 マイナンバーカードで受診できるのは、顔認証付きカードリーダーが設置されている医療機関や薬局に限られます。
カードリーダーを導入していない医療機関や薬局のほか、訪問看護ステーション、整骨院、接骨院、鍼灸院、あんま・マッサージ施術所で
は、これまでどおり保険証の提示が必要です。マイナンバーカードが保険証として使える医療機関・薬局は、厚生労働省ホームページ(外部サイト)で確認できます。国においては、令和5年3月末にはおおむね全ての医療機関などで導入されることを目指しています。

詳細につきましては、下記のチラシとマイナポータルの保険証利用のページ(外部サイト)をご覧ください。

チラシ

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

保険証として利用するメリットは?

健康保険証利用申込のお問い合わせ先

マイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178

・音声ガイダンスに従って「4→2」の順にお進みください。

・受付時間(年末年始を除く)平日:9時30分~20時00分
             土日祝:9時30分~17時30分

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/国民健康保険課 
電話番号:048-829-1276 ファックス:048-829-1938

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る