ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2022年4月1日 / ページ番号:C002057

会社を退職したとき

このページを印刷する

 会社を60歳未満で退職し、厚生年金保険の被保険者でなくなったときは、国民年金第1号被保険者への切り替えが必要です。書類が揃いましたらお早めに手続きしてください。
※20歳以上60歳未満の配偶者を扶養している場合、配偶者(国民年金第3号被保険者)も国民年金第1号被保険者への切り替えが必要です。
 内部リンク:配偶者の扶養から外れたとき

手続きに必要なもの

 以下のものをご持参いただき、区役所保険年金課に届出してください。なお、郵送でも届出することができます。
 内部リンク:郵送で行うことができる国民年金の手続き

  • 年金手帳または基礎年金番号通知書
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
    本人確認書類一覧(日本年金機構ホームページ)(新しいウィンドウで開きます)
  • 社会保険(健康保険・厚生年金)資格喪失証明書、離職票、退職証明書など退職日が記載されている書類

※基礎年金番号のほかに、マイナンバーでも届出をすることができます。
 マイナンバーカード(個人番号カード)をご持参ください。お持ちでない場合は、以下の1および2をご持参ください。


  1. マイナンバー(個人番号)が確認できる書類
   (1)または(2)のいずれかをご用意ください。
    (1) 通知カード
     (注意)通知カードの記載事項の変更手続きが令和2年5月25日以前に行われ、それ以後、変更がない場合に限ります。    

    (2) 個人番号の表示がある住民票の写し


  2. 身元(実存)が確認できる書類
    運転免許証、パスポート、在留カードなど

本人および世帯主以外の方が手続きする場合は、委任状および代理の方の本人確認書類(運転免許証など)をご持参ください。
 
委任状は、以下の内容を任意の用紙に記入してください。

  1. 委任状の作成年月日
  2. 代理人(窓口に来られる方)の住所・氏名・生年月日
  3. 委任する手続き内容
  4. 委任する方の住所・氏名(自署してください)・生年月日・連絡先

その他

  • 国民年金保険料納付案内書は日本年金機構からおおむね1~2か月程度で送付されます。
  • 国民年金保険料を口座振替やクレジットカードで納付する場合は、「国民年金保険料」をご覧ください。
  • 退職と同時に厚生年金保険に加入している配偶者(国民年金第2号被保険者)の扶養に入る方(国民年金第3号被保険者)は、配偶者の勤務先で手続きが必要です。
  • 国民年金保険料の納付が困難な場合は、国民年金保険料の免除・納付猶予制度があります。
  • 60歳以上で退職し、60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間(10年)を満たしていない方や、老齢基礎年金を満額受給できる40年の納付期間に満たない方などで、希望する場合は、60歳以降でも国民年金に任意で加入することができます。

お問い合わせ

区役所保険年金課年金係へお問い合わせください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 国民年金係
電話番号:048-829-1239 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る