ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年5月25日 / ページ番号:C008249

有毒植物による食中毒に注意しましょう

このページを印刷する

山菜採りのシーズンになると、誤って有毒な野草を食べてしまい、食中毒となる事例が起きます。
以下の表のように、「ニラと間違えてスイセン(有毒植物)の葉を食べた」「ギョウジャニンニク(野草)と間違えてバイケイソウ(有毒植物)を食べた」などの食中毒事件が多く起きています。
山菜採りなどをする場合は、次のことを守りましょう。

  • 食べることのできる野草に混じって有毒植物が生えていることもありますので、1本1本よく確認して採取する
  • 確実に食べられる野草であると判断できないものは、「採らない・食べない・売らない・人にあげない」
  • 判断の難しいものは専門家に聞く 

有毒植物リーフレット
有毒植物リーフレット
リーフレット:有毒植物に要注意(PDF)

以下のホームページも参考にして、有毒植物による食中毒に気をつけてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る