ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月25日 / ページ番号:C009954

さいたま市福祉のまちづくり推進協議会

このページを印刷する

さいたま市福祉のまちづくり推進協議会

 さいたま市だれもが住みよい福祉のまちづくり条例(以下「条例」という。)第30条において、福祉のまちづくりの推進に関する基本的事項を調査審議するため、さいたま市福祉のまちづくり推進協議会(以下「推進協議会」という。)を設置することが規定されています。

 推進協議会の構成については、学識経験者、事業者の代表者、関係団体の代表者、市民代表者、関係行政機関の職員、市職員などの委員30人以内で組織されています。

 さいたま市では、平成16年8月26日に推進協議会を立ち上げ、条例第7条に規定されている福祉のまちづくりに関する施策を総合的かつ計画的に推進するための基本となる指針として、「さいたま市福祉のまちづくり推進指針」を平成17年度に策定し、平成18年度以降は、モデル地区における具体的な取組を推進しています。推進協議会の開催状況については、さいたま市福祉のまちづくり推進協議会の開催状況のページをご覧ください。

さいたま市福祉のまちづくり推進指針

 さいたま市福祉のまちづくり推進指針(以下「推進指針」という。)とは、条例第7条において、福祉のまちづくりに関する施策を総合的かつ計画的に推進するための基本方針として策定することとされており、これまでの福祉のまちづくりに関する施策をさらに発展させるために、推進協議会により検討を重ね、平成17年度に策定されたものです。

 推進指針では、平成32年度までに実現したい将来の姿として「福祉のまちづくりに関する目標」を位置づけ、5年を目安として「具体的な福祉のまちづくりに関する施策」の見直しを行うこととなっています。詳しくは、さいたま市福祉のまちづくり推進指針(平成27年度改定版)をご覧ください。
 

福祉のまちづくりモデル地区推進部会

福祉のまちづくりモデル地区推進部会とは

 「推進指針」に基づき、ハードとソフトが一体となった総合的な福祉のまちづくり活動を具体的に施策展開するモデル地区事業を推進する「福祉のまちづくりモデル地区推進部会」(以下「モデル地区推進部会」という。) を平成18年9月に設置し活動しております。 モデル地区推進部会の開催状況については、福祉のまちづくりモデル地区推進部会の開催状況のページをご覧ください。

モデル地区推進事業活動とは

 モデル地区推進部会では、市内の学校の中からモデルとなる学校を指定し「総合的な学習の時間」などを利用した、福祉のまちづくり教育を展開しています。詳しくはモデル地区推進事業活動報告のページをご覧ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/福祉総務課 計画・法人指導係
電話番号:048-829-1254 ファックス:048-829-1961

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る