ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2019年10月24日 / ページ番号:C065581

ネーミングライツの導入について

このページを印刷する

さいたま市では、自主財源の確保並びにパートナーとともに施設の設置目的の達成を図り、もって市民サービスの向上を図るため、市の公共的な施設へのネーミングライツの導入を推進しています。

さいたま市のネーミングライツについて

ネーミングライツとは、市と民間団体等との契約により、市有財産等に企業名や商品名などのブランド名を「通称名」として命名できる権利等(ただし、条例上の施設名称等は変更しません。)を付与するかわりに、当該団体からその対価等を得て、施設等の運営・管理に資する方法です。
本市では、民間の資源やノウハウを活用することで市有財産等のさらなる魅力の向上と市有財産等の有効活用による自主財源の確保を目的として、市・民間団体・市民のそれぞれにとってメリットになるネーミングライツを推進しています。
なお、ネーミングライツに係る看板等の設置及び表示変更は、市が公共的な目的で掲出するものと見なし、さいたま市屋外広告条例第7条第1項第3号にもとづく公共広告物等とします。

ネーミングライツ導入施設

正式名称 愛称 命名権を取得した
企業(団体)
契約期間 年間契約金額(税別)
記念総合体育館 サイデン化学アリーナ サイデン化学株式会社 H29.10.1
~R5.3.31
4,000,000円
大宮公園サッカー場 NACK5スタジアム大宮 株式会社エフエムナックファイブ H28.3.1
~R3.2.28

18,000,000円

駒場運動公園競技場
及び補助競技場
浦和駒場スタジアムレッズハートフルフィールド駒場 浦和レッドダイヤモンズ株式会社 H30.4.1
~R3.3.31
5,000,000円
市管理歩道橋 歩道橋ネーミングライツパートナー 概ね3年以上 歩道橋1橋あたり月額2万5千円以上

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市戦略本部/行財政改革推進部 行政改革・公民連携推進担当
電話番号:048-829-1106 ファックス:048-829-1997

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る