ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年7月9日 / ページ番号:C078773

さいたま市内水ハザードマップを作成しました(令和3年4月)

このページを印刷する

内水ハザードマップの作成について

平成23年10月から令和3年6月まで公表していた「さいたま市浸水(内水)防災マップ」は、市民の皆様から通報があった浸水情報等をもとに作成していましたが、「さいたま市内水ハザードマップ」は、浸水の危険性が高い場所を市民の皆様により広く周知するため、浸水シミュレーションを活用して作成したものです。(令和3年4月28日より公表)

この内水ハザードマップは、下水道の排水能力を超える大雨によって内水はん濫が発生した場合に想定される浸水区域や浸水深等を、浸水シミュレーションにより示したものです。
日頃の備えや避難の際に役立てていただくなど、市民の皆様の自助・共助の促進を目的として作成しました。
このマップの地図面では、想定される浸水深20cm~5m以上までを6段階で色分けし、25m×25mの正方形で表示しています。
お住まいの地域の浸水深を確認し、安全に移動できる避難ルートを確認してください。
雨の降り方や土地の形状の変化などにより、浸水区域や浸水深が地図と異なる場合もあるため、複数の避難ルートを考えておきましょう。

情報面 地図面(配色1) 地図面(配色2)

内水ハザードマップを作成した条件

このマップは、想定し得る最大規模の雨(時間最大153mm、総雨量249mm)がさいたま市全域に降り、放流先河川の水位も高い場合を想定して浸水シミュレーションを行い作成しました。
浸水シミュレーションに反映した情報は、地盤高などの地形情報(国土地理院のレーザー測量5mメッシュ(標高)「測量法に基づく国土地理院長承認(使用)R 2JHs 1206」をもとに作成)や市内の主要な河川・下水道等を反映しています。また、下水道の貯留施設、ポンプ場、排水機場、ゲート等の情報は、令和2年度末時点です。

内水ハザードマップを使用する時の注意事項

想定される浸水区域や浸水深は、雨の降り方や土地の形状及び河川・下水道等の整備状況などにより変化します。そのため、大雨の際に必ずこの地図のとおりに浸水するということではなく、浸水が想定されていない地域でも、状況によっては浸水することもあるため、十分に注意してください。

※このマップは一級河川の外水はん濫は考慮していないため、最新の「洪水ハザードマップ」も併せてご確認ください。
また、市民の皆様から通報のあった浸水情報は考慮していないため、過去の浸水情報については、各区情報公開コーナーに設置しております「さいたま市の水害に関する情報について」をご確認ください。

「洪水ハザードマップ」はこちらからご覧いただけます。 

配布(公表)場所

「さいたま市内水ハザードマップ」は、令和3年6月28日より区役所の情報公開コーナー、支所及び市民の窓口、公民館、生涯学習総合センター、図書館、市民活動サポートセンターにて配布しております。

電子データについては、ダウンロードファイルからご覧いただけます。

また、下記より多言語ページをご覧いただけます。
In addition, you can see the multilingual page from the following.
此外,您还可以在下面看到一个更加多语言页面。
또한 아래에서 다국어 페이지를보실 수 있습니다.
英語(English) Saitama City Inland Water Hazard Map【English】
中国語(中文) 埼玉市内涝灾害预警地图【中文】
韓国語(한국어 번역) 사이타마시 내수해저드 지도【한국어 번역】

浸水深の表示や住所検索等について

「さいたま市内水ハザードマップ」における浸水想定区域は、こちらのページの他「さいたま市地図情報」にある「防災まちづくり情報マップ」でもご覧いただくことができます。
「防災まちづくり情報マップ」では、マップ上で任意のメッシュをクリックすると浸水深がポップアップで表示されるため、浸水深を数値で確認することができます。また、住所検索や目標物検索等も行うことができます。

  地図情報

「さいたま市地図情報」はこちらからご覧いただけます。

宅地建物取引業者の皆様へ

令和2年8月に施行された宅地建物取引業法施行規則の一部改正により、宅地又は建物の取引に際して、宅地建物取引業者は、「水防法施行規則第11条第1号の規定により市町村が提供する図面における当該宅地又は建物の所在地」を重要事項として説明することとなっております。

「さいたま市内水ハザードマップ」は水防法施行規則の規定に基づくものではありませんが、宅地又は建物の取引の際には、取引の相手方が当該宅地又は建物の所在地の水害リスク情報を活用することができるよう、内水ハザードマップについての情報提供をお願いいたします。

お問い合わせ

マップ関連について(下水道計画課、河川課)、防災全般・避難所等について(防災課)
【電話番号】下水道計画課:048-829-1566、河川課:048-829-1585、防災課:048-829-1126
【ファックス】下水道計画課:048-829-1975、河川課:048-829-1988、防災課:048-829-1978

内水ハザードマップに関するQA集を作成しましたので、是非そちらもご覧ください。(ダウンロードファイルからご覧いただけます)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道計画課 計画第1係
電話番号:048-829-1566 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る