ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2021年11月9日 / ページ番号:C084526

「正しい手洗い」で食中毒予防(動画)

このページを印刷する

手洗いは食中毒予防の基本

手には目に見えない多くの雑菌が付着しています。
中には食中毒の原因菌やウイルスもおり、手から食べ物に付着して、食中毒を起こすことがあります。
手に付着した細菌やウイルスは水で流すだけでは取り除けません。
特に次のようなときは、せっけんを泡立てて、正しい方法でしっかり手を洗い、細菌やウイルスを洗い流しましょう。

  1. 外から帰ってきたとき
  2. ごはんを作る前、食べる前
  3. 生魚や生肉に触った後
  4. トイレに行った後
  5. ペットに触った後

「正しい手洗い」(動画)

参考資料

正しい手洗い
正しい手洗い(PDF形式 714キロバイト)

正しい手洗い(横向き)
正しい手洗い(横向き)(PDF形式 949キロバイト)

ピカピカてあらい
ピカピカてあらい(子ども向け)(PDF形式 835キロバイト)

細菌ウイルスによる食中毒一覧
細菌・ウイルスによる食中毒一覧(PDF形式 912キロバイト)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る