ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J005377

事業者向け支援

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、売上が減少している市内飲食店等が実施するテイクアウト、デリバリーの経費について、その一部を補助します。

新型コロナウイルス感染症による影響への対策として実施されている市内商店・商店会の皆様の取組などの情報を発信していきます。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた、市内の小規模な事業者が雇用調整助成金または緊急雇用安定助成金の申請を行う際に、申請事務を社会保険労務士に依頼した場合の費用について、5万円を限度に補助金を交付する制度です。

国の緊急事態宣言が延長されたことを受け、新型コロナウイルス感染症の影響により売上げが減少している市内小規模企業者・個人事業主に対する本市独自の経済支援として給付金を支給します

スポーツ庁にて実施するスポーツ事業に対する支援に係る情報をお知らせしています。

新型コロナウイルス感染症への対応に伴う道路占用許可基準の緩和について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、医療現場等で不足する医療用物資の代替品(長袖ガウン、ゴーグル及びフェイスシールド)を開発・製造した市内事業者に対し、費用の一部を補助します

新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるために前向きな投資をする事業者に対し、国において実施する生産性革命推進事業(ものづくり補助金、IT導入補助金、小規模事業者持続化補助金)の獲得支援及び補助費用の上乗せを実施し、市内中小企業者の生産性向上と企業のLifestyle改革支援を行います。

市内において事業を営む中小企業者及び創業者に対し、経営の安定及び向上に必要な資金の融資の運用を行い、中小企業の振興を図ります。

小規模事業者持続化補助金に係る新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の証明申請について

本市では、新型コロナウイルス感染症による影響を受けた市内中小企業者の方々の資金繰りを支援するため、国の緊急経済対策による制度融資が開始されるまでの間、市内中小企業が無利子・無担保・無保証料で資金を調達できる「新型コロナウイルス対応臨時資金融資」を創設し、4月17日(金)から受付を開始しました。※非常に多くのお申込みをいただいていることから、4月20日(月曜日)に融資総額枠を拡大し、総額400億円といたしました。なお、4月20日(月曜日)17時をもって、公益財団法人さいたま市産業創造財団での整理券の配付は終了しております。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る