ページの本文です。

小児科(一般)

ごあいさつ

子どもは日々成長・成熟し大人になります。小児科医の原点は親御さんが生まれてきた子供一人一人を安心して大事に育むことができるように支援することです。当院では周産期母子医療センターが併設されており、お母さんのお腹の中にいる時からお子さんの成長を支援しております。小児外科との連携も密であり、子どもに関するあらゆる病気を診る体制が整っています。心配なことは一人で悩まないで安心してご相談ください。セカンドオピニオン、高次医療機関の紹介も行います。

診療内容

午前は、子どもに関連するすべての症状・疾患に対応する総合診療を行っております。午後は、以下の専門外来を設け長期に専門医療を必要とするお子さんを各領域のエキスパートがフォローアップしています。

内分泌代謝外来(木曜午後:天野)

低身長(成長ホルモン治療)、糖尿病、肥満、甲状腺疾患、副腎疾患、性腺機能不全(ミクロペニス)、思春期早発症、尿崩症、先天性代謝異常症等に対応します。木曜午後には、さまざまな疾患の遺伝相談にも個別に対応しますのでご相談ください。

アレルギー外来(木曜午後:明石、水曜午後:濱畑)

食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、アナフィラキシー等アレルギー性疾患全般に対応します。食物負荷試験によるアレルゲンの特定・食物制限の解除や、重症アトピー性皮膚炎のスキンケア指導、繰り返す喘鳴の長期管理など、小児のアレルギー疾患全般についての診断と治療を行います。

心臓外来(水曜午後:葭葉)

先天性心疾患、不整脈、心雑音、胸痛、検診による心電図異常等の心臓に関連する症状・疾患に対応します。外科治療を必要とする場合は専門施設を紹介します。

川崎病外来(火曜午後:荒巻)

川崎病治療後の患者さまに対し、心電図や心臓超音波検査等を行い日常生活が問題なく行えるかの判定を行っております。年長児では運動負荷心電図を行い運動についての適切な指導を行っています。

神経外来(月曜午前:高橋)

けいれん性疾患、発達が心配なお子さんに対応します。

血液外来(各週水曜午後:嶋田)

血液疾患(貧血全般、血小板減少、白血病等)、腫瘍性疾患に対応します。

スタッフ

常勤

氏名 役職 資格
池田 一成 部長
(兼院長補佐、兼周産期母子医療センター所長)
天野 直子 科長 日本小児科学会専門医
認定小児科指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科指導医・専門医(小児科) 
玉目 琢也 医長 日本小児科学会専門医
認定小児科指導医 
下山田 素子 医長 日本小児科学会専門医
濱畑 裕子 医長 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
一色 恭平 医長 日本小児科学会専門医
認定小児科指導医
日本血液学会専門医
がん治療認定医
日本小児血液・がん学会専門医
髙木 虎太郎 医長 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
鑑 涼介 医師
小松 理瑛子 医師
市川 百合香 医師
三浦 彩乃 医師
君塚 優 医師
桑嶋 理沙 医師
柴山 晃司 医師
横張 博也 医師
高谷 麻友 医師
岩井 奈緒 医師

非常勤

氏名 資格
高橋 孝雄 日本小児科学会専門医
日本小児神経学会専門医
荒木 清 日本小児科学会専門医
日本頭痛学会認定指導医
嶋田 博之 日本小児科学会専門医
日本血液学会専門医
田中 裕子 日本小児科学会専門医
葭葉 茂樹 日本小児科学会専門医
明石 真幸 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会指導医
荒巻 恵 日本小児科学会専門医
薄井 摩稚子 日本小児科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
細川 真弓 日本小児科学会専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医(小児科)

臨床実績

外来には年間2万人の患者さまが来院し、年間入院数は1,500名前後です。

平成29年度 平成30年度 令和元年度
外来患者数 17433 17590 15721
入院患者数 1609 1511 1433
主な疾患の入院数
呼吸器疾患
気管支炎・肺炎 238 257 243
(RSV感染症) -96 -69 -68
アレルギー疾患
気管支喘息 57 57 39
食物負荷試験 324 315 296
消化器疾患
感染性腸炎 90 63 53
虫垂炎 37 39 20
腸重積 7 5 6
神経疾患
痙攣性疾患 105 134 91
髄膜炎 15 18 6
腎尿路疾患
尿路感染症 55 34 21
腎炎/ネフローゼ 6 8 3
VCG検査 38 22 14
内分泌疾患
糖尿病 12 6 5
低身長負荷試験 49 37 45
リウマチ性疾患
川崎病 69 73 53
IgA血管炎 7 9 5
血液・腫瘍疾患
白血病・固形腫瘍 9 16 10
ITP 11 5 5
循環器疾患 5 10 5
心身症 4 11 12
虐待 4 5 2
重症心身障害児・者 55 50 86

研究業績

症例発表

日本小児科学会埼玉地方会や各医師が所属する学会、また、各研究会にて症例報告などを積極的に行っています。

日付 研究会 演題名 発表者
地方会 2020年9月13日 埼玉地方会 悪性腫瘍を発症した重症心身障がい者の1例 浅見慎思
(研修医)
2020年12月6日 埼玉地方会 腹痛を契機に萎縮性甲状腺炎の診断に至った1例 渡辺隼
(研修医)
2021年2月14日 埼玉地方会 頻回のアドレナリン筋注とドブタミン持続を要したナッツによるアナフィラキシーショックの一例 桑嶋理沙
研究会 2020年9月29日 小児てんかん診療を考える会in埼玉東部エリア 「当院小児科におけるペランパネルの使用経験」 下山田素子
2020年11月16日 血友病病薬連携の会 「さいたま市立病院における小児血友病治療の現状」 一色恭平
2020年11月19日 さいたま市教育研修会 「生活習慣病予防検診と小児科外来での指導」 天野直子
2020年12月8日 さいたま血友病連携懇話会 Webinar 「さいたま市立病院における小児血友病治療の現状」 一色恭平
2021年3月19日 第15回埼玉小児アレルギー疾患懇話会 「高度加水分解乳からアミノ酸乳に切り替えて
直接ビリルビン値が低下した新生児・乳児消化管アレルギーの 1 例」 
鑑涼介

小児症例検討会

主に、地域の開業医の先生からの紹介患者を中心に、症例検討会を地域小児科医師の先生方を交えて年に数回行っています。

明石真幸医師が参加する研究グループの研究成果が公開されました

慶應義塾大学小児科学教室アレルギー研究グループ(高橋孝雄教授、明石真幸講師、森田久美子助教)は、川崎市立川崎病院小児科の外山陽子医長、国立成育医療研究センターの免疫アレルギー・感染研究部の森田英明室長らとともに、鶏卵が原因の食物蛋白誘発胃腸炎の臨床的特徴を解析しました。その結果、主に「卵白」が原因となる一般的な鶏卵アレルギーとは異なり、食物蛋白誘発胃腸炎は「卵黄」により症状が誘発される可能性が高いことが明らかになりました。

詳細はこちら
慶應義塾大学 プレスリリース

このページの先頭へ