ページの本文です。

産婦人科

ごあいさつ

sanhujinka1

さいたま市の地域基幹病院として、周産期医療から女性ヘルス、悪性疾患にいたるまで幅広い疾患に対応しております。また当院には地域周産期母子医療センターが併設されハイリスク妊娠の周産期管理を担っております。


診療内容

外来

sanhujinka

一人一人完結型のブース仕様となっており、プライバシーの保護にも配慮しております。また待合も、婦人科と産科で様々な疾患の方に配慮した空間をもうけております。



病棟

婦人科

当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されております。
婦人科悪性疾患(子宮癌、卵巣癌など)に対し、手術、放射線療法、化学療法を含めた集学的治療を行い治療成績の向上を目指しております。
婦人科良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍、骨盤性器脱、その他)などの手術関連は患者さまのニーズに応え、腹腔鏡下手術、経腟手術を積極的に取り入れ、安全でかつ早期回復退院、復帰ができるシステムの確立を目指しております。

過多月経を対象としたマイクロ波を使用しての子宮内膜焼灼治療を行っております。過多月経(貧血)でお困りの方は一度ご相談ください。

sanhujinka8

産科 
地域周産期センター

当院では平成13年より地域周産期母子医療センターが併設され、ハイリスク妊娠、胎児異常などの母体搬送に24時間体制で対応し入院管理を行っております。平成24年10月より県内母体搬送ブロック制とコーディネーターによるコントロールセンター(県医師会内に設置)が開設され、当院はさいたま市全域を担当しております。さいたま市内のハイリスク妊娠の受け入れを中心に県内全域からも要請に応えるべく努力をしております。

産科病棟内には緊急時に対応できる周産期手術室および新生児蘇生室が併設されており、早産・多胎など新生児科医師立会いが必要な帝王切開や、分娩進行急変時、母体搬送、母体救急の際の緊急帝王切開時に使用しております。

新生児科とは週に1回定期的にカンファレンスを行い、入院および外来における合併症妊婦さんの情報やNICUに入院した新生児の情報などの交換、検討を行っております。また出生前診断にもとづく胎児疾患に応じて小児外科を始め当該科と妊娠中より連携をとり出生後の治療がスムーズにいくようにしております。

なるべく多くの母体搬送やハイリスク妊婦さんの紹介をお受けするために,正常妊婦さんの分娩予約数を制限させて頂いております。あらかじめご承知頂ければ幸いでございます。

当院で出産される皆様へ(PDF形式 3,336キロバイト)
sanhujinka9 sanhujinka10
sanhujinka13 sanhujinka12
sanhujinka11

さいたま市立病院の産婦人科ではZOOMを用いた指導を行っています

2021年4月~6月は第1・2・3月曜日13:30~16:30の間に実施しています。
7月以降の指導日程は【2021年度ZOOM指導ID・パスワード一覧表】をご参照いただくか、産科外来にてお尋ねください。現在実施しております講義内容は以下の通りです。

教室名

講義内容

受講時期(目安)

安産教室

経腟分娩予定の方向け。
お産の時の入院方法から退院までの生活をご案内いたします。

妊娠30週以降

Hello Baby Class

初期指導配布資料に沿って、

妊娠中の過ごし方について説明します。

妊娠24週以降

母乳教室

妊娠中からお産後までの母乳育児の方法や

母乳の仕組みについて説明します。

妊娠24週以降

帝王切開クラス

帝王切開分娩を予定されている方向け。

入院から退院までのご案内をいたします。

妊娠30週以降

注意事項

  • 各指導はパワーポイントを用いた講義が40分と質問タイム10分の50分間の予定です。
  • プライバシー保護の観点から指導中は患者様のビデオと音声をOFFにして行います。
  • 質問は講義のあとチャットで受け付けており、スタッフが口頭でお答えします。
  • 初期指導配布資料(茶封筒)の中の【2021年度ZOOM指導ID・パスワード一覧表】がお手元にございます方は、予約センターから予約することができます。【ZOOMでの集団指導を受ける方へ】の資料をご参考に予約センターへご連絡ください。
  • IDとパスワードがわからない方は予約センターへの電話では予約ができません。次回の外来にお越しの際、スタッフへお尋ねください。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

産科外来スタッフ一同

スタッフ

氏名 役職 資格
中川 博之 部長 医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
がん治療認定医
母体保護法指定医
臨床研修指導医
池田 俊之 科長

医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
日本女性医学会専門医

臨床研修指導医

上野 和典 科長 日本周産期・新生児医学会専門医
母体保護法指定医師
産婦人科指導医・専門医
日本超音波医学会超音波専門医
臨床研修指導医
高橋 純 医長 日本産科婦人科学会専門医
有賀 治子 医長 日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本周産期・新生児医学会専門医
天方 朋子 医長 日本産科婦人科学会専門医
柴田 和恵 医長 日本産科婦人科学会専門医
玉井 順子 医師
大岡令奈 医師
田村 早希 医師
内海 裕汰朗 医師
渡辺 隼 医師

研究業績

学会・教育その他

日本産科婦人科学会、日本周産期・新生児医学会、日本産婦人科学会関東連合地方部会、日本母性衛生医学会、日本産婦人科内視鏡学会、日本女性医学会、日本女性心身症医学会、埼玉産科婦人科学会、埼玉県医学会などでの発表、学会雑誌への投稿を行っています。
また年1回地域の産婦人科施設との意見交換会、勉強会を開催しています。

論文と発表

学会

  1. 仙尾部脊髄嚢胞瘤が疑われた腰仙部腫瘤の1症例:第140回関東連合産科婦人科学会総会学術集会,2020.11.12-18
  2. 妊娠糖尿病における胎児Fractional limb volumeの発育についての検討:第72回日本産科婦人科学会,2020.4.23-26
  3. 当院におけるLight for dates児の分娩様式に関する検討:第72回日本産科婦人科学会,2020.4.23-26
  4. 胎児心臓超音波検査で異なる心室中隔の動きをした右室負荷疾患の4症例:第93回日本超音波医学会学術集会,2020.12.1-3
  5. 肺動脈弁閉鎖を伴う修正大血管転位の1症例:埼玉県産婦人科医会令和2年度後期学術集会,2020.11.7

論文

  1. Differences in fetal fractional limb volume changes in normal and gestational diabetic pregnancies: an exploratiry observational study:BJOG

教育活動

  • 産婦人科研修プログラム連携施設
    (慶應義塾大学病院、杏林大学医学部附属病院、埼玉医科大学病院、国立病院機構埼玉病院)
  • 日本周産期・新生児医学会 母体・胎児専門医基幹研修施設
  • 日本女性医学会女性ヘルスケア認定研修施設
  • 日本超音波医学会超音波専門医研修施設

このページの先頭へ