ページの本文です。

放射線治療科

概要

 放射線治療はがん治療における三大治療法の一つです。手術などの外科的治療や化学療法と並んで重要です。放射線治療は、体の外から病巣に放射線を照射し、がん細胞の遺伝子を傷つけることにより、がんやそれに近い疾患の治癒や軽快を目指します。放射線治療科は、手術や抗癌剤治療を行なう診療科と協力し、治療効果が高く、副作用の少ない安全で精確な放射線治療の実施に注力しています。放射線治療は、がんの種類によっては治癒を目指すことのできる治療です。また、比較的進行したがんに対しても、有効な治療を検討することができます。

診療内容

新病院開院に際して放射線治療機器を更新し、2機の新装置を導入しました。アキュレイ社製のサイバーナイフM6は、定位放射線治療装置であり、いわゆるピンポイント照射を円滑に実施できます。バリアン社製TrueBeam(トゥルービーム)は、汎用型医療用直線加速器であり、様々ながん腫の病変に対して高精度な放射線治療を実施可能です。強度変調放射線治療(IMRT)の技術により、病変の形状にフィットする線量分布を実現し、抗腫瘍効果を高めつつも有害事象を低減できます。

院内のみならず院外からのご依頼にも対応しております。その際は当院の病診連携担当にお電話をいただき、初診の予約をお願い致します。

スタッフ

氏名 役職 資格
川瀬 貴嗣 部長 医学博士
放射線治療専門医・指導医(日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会)
西村 修一 医長 医学博士
放射線治療専門医(日本放射線腫瘍学会・日本医学放射線学会)

このページの先頭へ