ページの本文です。

小児科(新生児)

ごあいさつ

新生児1

 新生児内科は成育母子周産期センターにおいて、ハイリスク新生児の治療を行うとともに、産科病棟の新生児室の管理も担当しています。当院は埼玉県周産期医療体制における地域周産期母子医療センターに、また日本周産期・新生児医学界の専門医制度期間施設にそれぞれ認定されています。地域周産期母子医療センターにおける担当地域はさいたま市ですが、埼玉県の周産期医療の現状を鑑み、さいたま市に隣接する市外の施設からの搬送も受け入れています。

新生児2
新生児3


患者さんとご家族へ

 成育母子医療センター新生児内科はお母さんと赤ちゃんの安全・安心を一番大切にしています。国内で生まれるお子さんの9割以上は元気に産まれてくると言われています。しかし一部のお子さんは何らかのサポートを必要とします。我々はそのようなお子さんたちも含め、皆さんが無事に退院できることを目標に365日24時間体制でサポートを提供いたします。

小児科専攻医・新生児専攻医を目指す方々へ

 私たち新生児内科は若手教育にも力を入れています。当施設には経験すべき症例が豊富にあり、指導医が丁寧に指導し実力がつくようサポートします。常に初期研修医、小児科専攻医のローテーターがおり、指導医とチームを組んで3−4チームで日々の診療に当たります。週1回の全チーム合同カンファレンスではさらなる学びの場があります。明るく前向きで、熱意のあるスタッフが多数揃っています。当院での研修にご興味がありましたらご連絡ください。

専攻医募集案内はこちら

 診療内容

 病院の5階フロアは「成育母子医療センター」で、母体・胎児病棟(産科)、新生児病棟(新生児内科)、周産期外来(産婦人科、新生児内科)に小児病棟(小児科、小児外科系)を加えたフロア型母子医療センターです。母親の妊娠期、児の胎児期から新生児、乳児、幼児、学童、思春期、成人期と切れ目のない医療を提供しています。
 病床数はNICU15床、GCU18床、小児病棟内新生児床8床です。NICUでは主に在胎23週以降の早産児、350g以上の低出生体重児を中心に診療しています。極低出生体重児、超低出生体重児、気管挿管症例数、新生児外科疾患の診療において県内3番目の実績を有しています。当院以外で出生した新生児の受け入れも年間100例ほどあります。
 当院には小児外科スタッフが3名おり、小児外科症例にも対応可能です。複雑心奇形など当院で対応できない症例は、県内の三次医療施設に搬送しています。
 また公立病院としてさいたま市内の社会的ハイリスク母児を、地域の保健所・保健センターや児童相談所と連携しながら多数診療しています。

新生児4
新生児5
新生児6
新生児7

地域の小児医療における機能について

表1 主な入院統計

年度

H28

H29

H31

H31/R1

R2

総入院数

365

493

631

622

639

超低出生体重児

16

24

18

17

12

極低出生体重児

15

18

24

16

21

多胎児 (組)

61

63

45

47

30

人工呼吸管理

70

95

100

116

92

一酸化窒素吸入療法

2

7

3

4

5

染色体異常/先天異常症候群

14

5

22

22

14

外科開胸・開腹手術

8

11

11

18

22

未熟児網膜症 光凝固術

4

3

5

2

6

院外出生数

93

109

121

102

80

分娩立会い数

360

320

352

387

336

スタッフ

氏名 役職 資格等
池田 一成 周産期母子医療センター所長兼
小児科部長
小児科学会専門医
小児科学会認定小児科指導医
慶應義塾大学病院医学部客員准教授・同非常勤講師
日本周産期・新生児医学会暫定指導医
大森 さゆ 科長 小児科学会専門医、
日本周産期・新生児医学会指導医
新生児蘇生法専門コースインストラクター
三輪 雅之 医長 小児科学会専門医
小児科学会認定小児科指導医
日本周産期・新生児医学会指導医
堀江 裕子 医長 小児科学会専門医
日本周産期・新生児医学会専門医
新生児蘇生法専門コースインストラクター
関 芳子 医長 小児科学会専門医
宮本 吉輝 医師
広村 竣 医師
新生児8
新生児9

このページの先頭へ