ページの本文です。

抗菌薬適正使用支援チーム

ごあいさつ

当院の感染対策

 病院では、感染症にかかっている人と、抵抗力がなく感染症にかかりやすい人が同じ建物の中にいます。また、感染症を治すために抗菌薬がしばしば使用されますが、それら抗菌薬が効かないような菌(耐性菌)がいる可能性もあります。
 当院では、院内感染対策委員会、感染管理室、看護部感染管理委員会などが一致団結し、患者さんとその家族だけでなく、院内で働くすべての人、来院するすべての人を感染から守るための感染予防対策を実践しています。

抗菌薬適正使用支援チームとは

 病院を受診する患者さんは、外来・入院を問わず、感染症の治療もしくは予防を目的として抗菌薬を処方される機会が多いですが、抗菌薬の不適切な使用は耐性菌の出現・蔓延につながることが知られており、国際社会でも大きな課題となっています。『抗菌薬適正使用支援チーム(AST:Antimicrobial Stewardship Team)』は、各診療科の主治医が抗菌薬を処方する際に個々の患者さんに最大限の効果をもたらし、副作用は最小限にとどめ、かつ耐性菌の発生や蔓延を防ぐために活動しています。

主な活動

  • 感染症症例の早期把握と診療支援
    対象:菌血症の患者さん
       耐性菌が検出された患者さん
       特定抗菌薬(カルバペネム・抗MRSA薬)を使用中
       の患者さん  
  • 感染症診療に関する各科からのコンサルテーション
  • 院内での抗菌薬使用量の調査、評価
  • 治療薬物モニタリング(TDM:Therapeutic Drug Monitoring)の支援
  • 院内での採用抗菌薬の見直し
  • 適切な微生物検査の推進(血液培養複数セット採取率の調査等)
  • 当院でのアンチバイオグラム(主な菌種ごとの抗菌薬感性率)の作成
  • 抗菌薬使用マニュアルの作成、改訂
  • 抗菌薬適正使用に関する職員の教育

スタッフ

ICT/ASTメンバー(兼任)
職種 人数
医師(感染制御医:ICD) 2名(うち感染症専門医1名)
看護師 2名(うち感染管理認定看護師2名)
臨床検査技師 2名
薬剤師 4名
事務 2名

このページの先頭へ